製品( 畜糞発酵乾燥ロボット

CSランド

p_land_title

従来の糞尿施設は、生糞尿を天日乾燥して水分を落とし発酵させるか、水分調整材(籾殻・おが屑など)を混ぜ合わせ糞尿量を増やし、それを乾燥させるという行程を必要としました。

CSランドは発酵させながら、しかもその発酵熱を利用して乾燥させる、1台で2役をこなせるロボットです。

p_l408
CSランド/MO-508cs

ハイレベルな作業を実現するスペック

センサー

p_land1CSランドの視覚。 ハイレベルな安全の源。
15年以上の実績を持つコンピューターマシンの目に相当するセンサーは、刻々と変化する路面の状態や攪拌抵抗による走行方向の変化を電気信号に変換し、コンピューターに情報を送ります。

制御装置

p_land2全ての情報を集中制御。 高い信頼性を実現する頭脳。
各種センサーやスイッチ等から送られてくる情報を処理し、前・後進の判断、ハウスとの間隔、走行方向等を考え、各駆動部を安全に制御します。
また、回路を守るために制御部を外気から完全にシャットアウトする構造や、電気回路は各ブロックごとの点検を容易にするなど、信頼性を飛躍的に向上させています。

攪拌部

p_land3一軸で攪拌と積上げをするシンプル設計
堆肥の発酵をより早く、より高温発酵を可能にするための攪拌と、積上げ・搬送を同時に行える堅固な一軸機能となっており、コンクリート壁は不要になりました。

※最新の仕様は弊社までお問い合わせください。