搾乳ユニット自動搬送装置 キャリロボ

page-carry-robo

省力化・ゆとりの実現。
キャリロボはつなぎ飼いでゆとりある酪農経営を可能にします。

carryrobo10carryrobo11

キャリロボは農業機械化促進法に基づき、 農林水産大臣の定める搾乳ユニット搬送装置として生研機構の共同研究事業によって開発され、新農機(株)の実用化 促進事業により商品化された機械です。


キャリロボでできること

動画で見るキャリロボ

 

※(注)
1時間当りの搾乳頭数は、すべての使用条件において保証するものではありません。
実際の搾乳では、個体毎の泌乳特性により、全体の搾乳時間にかかる時間は変動します。