お知らせ

ダイジェスチョンアナライザー(糞洗い)で成績向上を図る

酪農家の皆さまは日頃、牛の状態を様々な角度から観察されていると思います。
弊社の飼料動薬部ではそのお手伝いの一つとして
ダイジェスチョンアナライザー(糞洗い)を実施しております。
糞洗いはエサの内容が適切であるか、無駄が生じていないか等、
タイムリーな情報を調べることのできるツールの一つです。
取り組みの事例として資料を作成致しましたのでご参考にしていただければと思います。

糞洗いについて

 

関連記事